東洋医学の伝統に則った
下記①~④の4つの診察法を採用

まずどこを診て診察するの?

手首の脈を診ます(①脈診)

手首の脈を診ます(①脈診)

人の脈は速い遅いだけではなく、浮き沈みや強弱など、体質や体調により実に様々な表情をもち、これにより全身の状態を把握します。

次はどこを診るの?

お腹を診ます(②腹診)

お腹を診ます(②腹診)

お腹の各チェックポイントを指で押していき、痛みや違和感の出ているところを探し当て、これにより全身の状態を判断します。

三つ目の診察法は?

(③火穴診④局所診)

最後に全身の反応が出やすい手足のツボ=火穴を一つずつ押していき(③火穴診)、やはり痛みのサインが出ていないかどうかチェックし、更に火穴以外の重要なツボを押して(④局所診)、全身の状態を把握します。

以上4つの診察法により、その方の例えば肩こりという症状の背後にある根本原因は何か、言い換えれば自然治癒力を妨げているものは何か、を見きわめその調整(全身調整)から治療を始めます。

インターネット割引:東京都台東区のマッサージ ぎっくり腰、はり、骨盤矯正なら 森の治療院

ご予約お問い合わせ:浅草橋のマッサージ ぎっくり腰、はり、骨盤矯正なら 森の治療院